若星Z☆つれづれ日記

若星Z☆=わげすたーづ、と読みます。 みちのく杜の都・仙台を拠点に活動する、 個性派メンバー揃いの歌って踊れるコーラスグループ。【連絡方法】 下記のメールアドレスまでご一報ください。 練習場所等のご連絡をさせていただきます。 演奏等のご用命もこちらへどうぞ。 アドレス wage-starz@hotmail.co.jp

午前練習の報告

今日11月3日は、祝日の為、わげとしては珍しく午前の練習となりました。

 

9名の参加

中央市民センターにて。

練習曲は以下のとおり。

あの日の詩

僕らはいつも

未来へ

もう一度

手と手

笑顔

銀河鉄道999

粉雪

365日の紙飛行機

万里の河

 

部分的に、パートの音程などを確認しながら、通したりしました。オリジナルソングを中心にやりました。

 

いくつかの連絡事項がありました。

小林先生の追悼文集をうたごえ協議会関係で作るとのこと。わげのオリジナルソングのタイトルもそれに載せるようなので、これは忘れては困るという曲がある人は、提出前の原稿をチェックした方がよさそうです。

 

事務所の引っ越しに関して、12月に坂下(原ノ町)に入居予定とのこと。

朝市に荷物がある人は、引き払うなり、なんなりすべしとのこと。

 

「久々に練習さいってみっぺが」と言って朝市ビルに行ってみたら、もぬけの殻だった、なんてことがないように、合唱団関係の動向にもちゃんと注目しておきましょう。

 

こんな時期になってくると、あるはずのことがなかったことや、いるはずの人がいないことが、すごく不思議に思えてきます。

たとえば、今年は、アカペラ講座を主催して今頃は、10人ぐらいの受講生と共に演奏会の計画をしてたところでしたし。世界に視点を転じれば東京オリンピックをはじめとして、世界中で計画されていたことが、全く予定と違うものになってしまっている。

 

未来人がタイムマシーンで戻ってくるとすれば、去年から今年にかけてのどこかでしょう。あるいは、未来人が来た結果が今なのだろうか?

 

誰も悪くない、予定が狂った。

そこを出発点として、わげもゆるゆると、歌ったり、踊ったり、遊んだりしましょう。

 f:id:sendaigassyoudan:20201103185630j:plain

練習が終わった後は、近くの元々ミルキーウェイだった店で、ビッグボーイになって、結局ミルキーウェイになったハンバーグステーキ系のファミレスで、ランチを食べ、デザートを食べつつ、しばらく歓談しました。



泉市だった頃の名残りが、区内各所で見られる。

 f:id:sendaigassyoudan:20201103185755j:plain

その後、フットサル場の隣にある公園で歌を歌いました。

我々の音楽のよき理解者のうちに入っている「犬」が、飼い主を無理矢理引っ張ってきてくれて、聴衆に加えてくれました。

結局は、その飼い主も「よかった」と言ってくれました。

 f:id:sendaigassyoudan:20201103185936j:plain

わげが歌うと、鳩と犬が寄ってくるという法則を発見しました。人が寄ってくるまでもう少しかかりそうです。

f:id:sendaigassyoudan:20201103190034j:plain 

f:id:sendaigassyoudan:20201103190136j:plain

f:id:sendaigassyoudan:20201103190233j:plain

やす