若星Z☆つれづれ日記

若星Z☆=わげすたーづ、と読みます。 みちのく杜の都・仙台を拠点に活動する、 個性派メンバー揃いの歌って踊れるコーラスグループ。【連絡方法】 下記のメールアドレスまでご一報ください。 練習場所等のご連絡をさせていただきます。 演奏等のご用命もこちらへどうぞ。 アドレス wage-starz@hotmail.co.jp

7月27日 練習風景

全国1000万人の読者のみなさんこんにちパラレル。ただし、惑星Z☆の。

 そして、地球にお住いの、選ばれし20人の読者のみなさんこんにちは。

今日7月27日の練習の報告をします。

「手と手」主にパート練習を重点的にやりました。

 

 東北地方に上陸しそうな台風が近づいてきてるのが懸念材料ではありましたが、台風の進む速度が遅くなったこともあり、練習時間への直撃はまぬかれました。

 よって、各々でリスク管理をすることとして、練習場での通常練習は行いました。

進みの遅い台風は、水分も多く含んでいるので、今後の動向に注意しましょう。

 

 連日、東京オリンピックがTVで中継されたりして盛り上がってます。一流のアスリートのコメントなどを聞いて、素晴らしいと思います。我々、文化部にもキッチリあてはまるというか、響く言葉が多いです。

 運動部も文化部も人を感動させることができる。そういうことのために、人は活動をしているのかも知れません。そして、「応援を本当にすることができる人はもはや主役である説」を提唱している私としては、選手と共に喜んだりしてます。

 いざという時には、自分自身を応援できる人は最強だと思います。

 

 今日はメンバーのある人の誕生日でした。例によって、ちぃちゃんのお誕生日おめでとうメールがメーリングリストで流れ、練習会場現場ではリアルの誕生会が、「うまい棒」で行われました。幸せな一年でありますように。

f:id:sendaigassyoudan:20210727232303j:plain 

やす

 

7月20日 練習報告

暑い日でした。

練習会場のドアの外の階段の踊り場がもわっとしました。

 

「手と手」を練習しました。パート練習では、所々歌い方についてあれこれ議論してみて、デクレッシェンドやクレッシェンドなどをつけて、少し大げさにやってみました。

ジュンちゃんが録音してくれたものを聴いてみると、歌い方に効果を付けた部分はちゃんとそのように聴こえました。やはり、練習の際は大きな声で大げさにやることで、その効果を検証していくことができると感じました。

 

 出た話題として、「朝ドラ」「アニソン」など、シリーズものとして、動画を作るのもいいのではないかという話がでました。持ち歌をカテゴリー別にして。

 そうすると、演出のアイディアも湧くかもしれません。

 

 若星Z☆を連続テレビ小説「朝ドラ」でやるとなるとタイトルは何になるでしょう?やはり「わかぼし」とか「わげ」とか短い題名になるでしょう。

 では、NHK「朝ドラ」の主題歌を振り返ってみましょう。

 

(2009年から)

アンジェラ・アキ「愛の季節」/つばさ

aiko「あの子の夢」/ウェルかめ

いきものがかり「ありがとう」/ゲゲゲの女房

葉加瀬太郎「ひまわり」/てっぱん

平原綾香「おひさま~大切なあなたへ」/おひさま

椎名林檎カーネーション」/カーネーション

SMAPさかさまの空」/梅ちゃん先生

HY「一番近くに」/純と愛

大友良英あまちゃんのオープニングテーマ」/あまちゃん

ゆず「雨のち晴レルヤ」/ごちそうさん

絢香「にじいろ」/花子とアン

中島みゆき「麦の唄」/マッサン

合唱「稀空」/まれ

AKB48「365日の紙飛行機」/朝が来た

宇多田ヒカル花束を君に」/トト姉ちゃん

Mr.Childrenヒカリノアトリエ」/べっぴんさん

桑田佳祐「若い広場」/ひよっこ

松たか子「明日はどこから」/わろてんか

星野源「アイデア」/半分、青い。

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ」/まんぷく

スピッツ「優しいあの子」/なつぞら

Superfly「フレア」/スカーレット

GReeeeN「星影のエール」/エール

秦基博「泣き笑いのエピソード」/おちょやん

BUMP OF CHIKEN「なないろ」/おかえりモネ

 

 こうしてみると、ほぼ若星Z☆の歴史と、いや全ての歌好きの歴史と共にあったと言えるのではないでしょうか?朝ドラを殆ど観てない自分ですらそう思うので、がっちり観て生きてきた人ならなおさらでしょうね。

 全ての歌好き人よ、ドラマティカれ! by若星Z☆。

 

やす

第69回宮城県青年文化祭に出ました。

7月18日(日)

これまでも、何度か出場させていただいた、青年団主催の青年文化祭に出場しました。

といっても、今回はコロナ禍という社会状況もあり、オンラインのみの発表会になりました。なので、実際には先日撮影した動画が、その青年文化祭のYouTubeチャンネルに組み込まれていることを確認するだけでした。

若星Z☆のツイッターから辿ることができ、視聴できました。基本的に本日限定らしいので、確認したい人はお早めにどうぞ。

 番組全体としても、大変好感が持てるMCなどによって、進行していって、全体的に制作してくれた方たちの苦労が伝わって来ました。

 まず、オープニング、教育長・会長の挨拶があり、そしてYouTubeステージの一発目のプログラムとして、私たち若星Z☆の舞台発表が組み込まれていました。

1.I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU (カフェ若星Z☆編、芝居仕立て)

2.登場ソング

3.息吹

4.歩いて帰ろう(ダンス付き)

5.ひとつの歌

特別出演:小林先生

MC:みゆきちゃんでした。

 その他の、舞台発表としては、打楽器演奏の「Groove7」、バンド演奏「富谷市青年団」、おもしろ演劇「蔵王町青年団体連絡協議会」どの団体も見ていて「やられた」と思うぐらいリスペクトを持って観れました。

 続いて、合唱部門に移りました。

合唱の部は、若星Z☆とも何かと縁のある「黒川郡連合青年団合唱部」でした。いつもながら、グッとくる合唱ありがとうございました。演奏曲は「大切なもの」「正解」でした。

 そして、プログラムはカラオケ部門となり、いよいよ目が離せなくなりました。実は観ながら書いてるのでアップする頃には視聴期限が来ちゃってるかもしれません。ということは、これはYoutubeをブログで中継するという離れ業。この時代ならではかもしれません。

 Sさんの「楽天イーグルス」に続いて、若星Z☆からはジュンちゃんとみゆきちゃんが「言葉にすれば」を歌いました。2人はこれでNHKのど自慢に出る予定だったというだけあって、完成度が高かったと思います。中止になってなかったら合格の鐘を鳴らしていたことでしょう。

 続いては、黒川青年団のSさん。曲名は分からないけど上手でした。

 次に、写真展の部になり、出展された写真が紹介されて行きました。ゆるキャラである「むすび丸」大活躍でした。中の人グッドジョブです。

 そして、大和町青年団の活動の紹介が、模造紙にまとめてありました。

最後に、実行委員長のIさんからの挨拶があり終わりました。

青年同士の交流を目的として主に活動をしている青年団と、その文化祭。文化活動をしている地域の青年たちに発表の場を与えようと頑張っている団体です。このコロナ禍にあり文化活動をしている私たちにとってこれほどありがたいことはありません。テーマは「One Team Again 離れていても心を一つに。」どんなに苦しい状況でも心を一つにすれば乗り越えられるという意味が込められているとのことでした。

 困難な中、文化祭を成功に導いてくれた実行委員会と、関係者のみなさんに感謝します。

 また、来年は通常通りオフラインでの開催を目指すということで応援しています。

 

いやー、いい動画を観れた!

 

やす

7月13日 練習報告

前半は、松本先生のボイストレーニングを含めたレッスンでした。

「手と手」を診てもらいました。

後半は、その指導を踏まえたうえで、自主練をしました。

みんつく(みんなでつくる歌声広場:9月5日まほろばホール)に向けた練習でした。

 さて、TOKYO2020オリンピックということで、日本の津々浦々の街々は、盛り上がりつつあり、ここ坂下交差点の歩道橋にも、オリンピックの広告が貼付されていました。

 WAGESTARZ2020も、人類が乗り越えるべき試練を乗り越えて、世界中を元気にします。失われた1年と言われないように、この2021年が、WAGESTARZが人々を元気にすることで、そういえば東京オリンピックがあった年だったなあと、あとで振り返ることができればいいと思います。

 世界が、日本に注目するので、世界を元気にするために、日々練習に励んでいるWAGESTARZ、もはやオリンピアンみたいなもんでしょう。

 今日の一首

声のみの

名もなき歌鳥

名付けたり

リキュウとセンノと

そしてリキュール

 f:id:sendaigassyoudan:20210713230143j:plain

やす

7月6日の練習報告

7月6日の練習報告。

通常練習日でした。

みんなでつくる歌声広場に向けて「手と手」を練習しました。

パート練習と全体練習。

 個人的には、ガーゼ入りのマスクで参加してしまい、呼吸困難になりましたが、肺活量を鍛えられました。

 

 梅雨の晴れ間で天気が良い日でした。洗濯物を久しぶりに干せた気がします。

 まだまだ、線状降水帯に伴う、洪水や土砂災害の危険がある時期が続くようですので気をつけましょう。

 

 楽譜を読めるだけではなく、書いたり編曲したりすることを自由自在にできたら、楽しいだろうとは思います。手書きであれこれやってはみましたが、どうも効率が悪いようです。ということで、無料の楽譜ソフト「musescore」をインストールしてみました。

 この分野のソフトも昔より進化してるようなので、使い慣れてくれば効率化できる部分も出てくると思います。

 

やす

 

忍者カフェ若星Z☆ 台本

忍者1 最近新しい忍法の開発は進んでる?

忍者2 実は、先週まで伊賀に出張してたので、忍法開発は進んでないね。けど、帰りに日光に寄った時に面白いものを見たよ。

忍者1 へえ、どんな?

忍者2 周りの人は気付かないようだったけど、猿軍団に忍びの者が混じってたよ。

忍者1 それは何かのヒントになりそうだね、化ける系の術は多いけど、早速市場調査と適用方法のリサーチをしてみよう。

忍者3(店員)それではお聴きください、「勇気100%」

(忍者1~3踊る、他の客は歌う)♩

忍忍

「猿に一瞬化けて、若星Z☆のコンサートに潜入するの術」

 

小芝居からの歌パターンの例

 

やす

15の君へ

YouTubeチャンネルsushiyasushiにコメントを頂いたので、改めて聴き直してみました。

アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓十五の君へ」です。

映画「くちびるに歌を」の主題歌にもなっていて、その映画は私のおススメです。

合唱コンクールの課題曲ともなったことから、合唱人でこの曲を知らない人は少ないのではないでしょうか?

 

youtu.be

 

みなさん、十五歳の時どんな風でしたでしょうか?

ぜひ身近な人にでも、語ってみてください。

 私の場合は、田舎の中学3年生でしたので、毎日駅伝の練習に明け暮れていました。ひたすら、校庭やロードコースを走っていました。郡大会を突破できなくて悔しい思いもしましたが、何かに本気で取り組んだのはその時が初めてです。

 勉強の方は、本気を出すと目立ってしまうのでセーブしてました。当時は、宮城県で100位以内に入ると1ページ目に名前が載る模擬試験が行われてました。うっかりその欄にランキングされてしまうと「すごい人」と思われてしまいます。広域管内の優秀者の欄にひっそりと載ってる方が変なライバルもできないで済みました。また、高校や大学に受かると新聞に名前が出てしまいます。個人情報が洩れていろんな人から声を掛けられました。ある意味いい時代だったとも言えますが。

 同じ中学校から一人だけ違う高校に進学することになりましたが、当時の教頭先生が私一人のために合格発表を見に連れていってくれたことが思い出されます。雪の降る日でした。その合格発表には同じ郡の駅伝仲間なども来ていました。

 中学校卒業の少し前に体育館が火事で全焼しました。教室の窓から、黒焦げになった巨大オブジェのようなものが見えました。

 学びの多い中学時代でしたが、その一つに「己の欲せざること人に施すことなかれ」というのがあり、記憶に刻み込まれています。

 当時の自分に手紙を書くとしたら?

 やはり、「ありがとう」とだけ伝えたい。

15歳の自分に限らず、いつの時代の自分も「今」につないでくれたのだから。

って考えてみると、結局私は、「自分大好き人間」である。

 

やす