若星Z☆つれづれ日記

若星Z☆=わげすたーづ、と読みます。 みちのく杜の都・仙台を拠点に活動する、 個性派メンバー揃いの歌って踊れるコーラスグループ。【連絡方法】 下記のメールアドレスまでご一報ください。 練習場所等のご連絡をさせていただきます。 演奏等のご用命もこちらへどうぞ。 アドレス wage-starz@hotmail.co.jp

日うた総会(in広島)のレポート

日本のうたごえの総会に出席したメンバーのゆうさんからレポートが届きましたので載せます。

(以下)

 

 

2月8日、9日広島での日本のうたごえ協議会総会に初めて参加しました。

 

行きの新幹線の車窓から見えた富士山に感動!青空を背景に、きれいでした。

 

13時過ぎに広島駅について、会場へ。

受付には、多くの人が並んでいました。

 

活動の報告を発表することになっていたので、いつ発表するのかな?と気になっていました。

 

発表する3つ前に名前が呼ばれるので、ドキドキ!私の発表は、12番目でした。

 

練習してきたとおり、明るい声でゆっくりはっきりと話してましたが、緊張していて手と足が震えてました。

 

発表時間は10分と聞いていたので、5分でベルが鳴った時は、あせりました。

「「未来へ」を聴いてください」と言ったところで、6分のベルが鳴り、議長さんに「10分と言われてきました」と言うと、「すいません、続けてください」と言ってもらえて、「未来へ」の1番を聴いてもらえることができました。

 

21時までに35団体の皆さんの発表を聞きました。地域祭典や青年の活動、仲間が増える為の活動、うたごえ新聞の読者増加の為の活動や職場のうたごえの活動などを詳しく話していて、勉強になりました。

 

9日は、9時から13時まで。最初の1時間30分は、詩人のアーサー・ビナードさんの講演「知らなかった ぼくらのヒロシマ」を聞きました。日本語に興味を持ち勉強を始めたアーサーさんが、来日をして、広島へ行った時に原爆について知ったこと等をお話してくださいました。ピカとピカドンのちがいについて、初めて聞いて、なるほど、と思いました。

 

11月の日本のうたごえ祭典inひろしまにも参加したいと思って帰ってきました。

 

(以上)

投稿ありがとうございました。

やす

 

2月18日 火曜日の練習日記

今日は、若星Z☆の自主練の日でした。

朝市ビル5階に、19時から21時まで。

いつも通り。

 

私は久々に参加しました。今年初かそれに近いぐらい。

 

9名の参加。

練習曲は、

・オリジナルソング「息吹」

・「パプリカ」米津玄師、歌:Foolin。ほぼユニゾンで、踊りやフォーメーション付き

・「群青」でした。

 

「群青」は、もしや谷村新司では、と少しだけ予想してましたが、見事に外れました。

合唱曲でした。

作詩:福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生

作曲:小田美樹

編曲:信長貴富

 

いつだったか、恩師たちとのフィールドワークで、新地から相馬・小高にかけての道をたどり、小高の文学館で学んだり、お洒落なお菓子屋さんに入ったり、相馬で高校生に道を尋ねて、野馬追の会場に行ったり、松川浦で魚を食べたり。

古戦場を見たり、新地では近代建築家遠藤新の建築物「久留米絣の家」を見学したり。

印象に残る夏旅をしたものだった。

その時お世話になった人は、震災後会津に避難をしたと聞いた。

 

あの頃の、海と町のたたずまいの記憶を持って、この音楽を繙き、寄り添おうと思った。素敵な曲である。

 

練習時間の前半は、若星Z☆の19年度の活動の総括を、年度初めに立てた計画を参照しつつ振り返りました。

そして、20年度の計画を話し合いました。

 

極簡単にまとめます。

<2019年度>

1 ハモる、つくる、伝える

→できた

2 CDをつくる

→できた

3 日うた京都に参加

→できた

4 県内での地域活動

→できた

概ね、目標達成できたようです。やったー。

 

<2020年度>は

1 ハモる、つくる、伝える

2 アカペラ講座成功

3 愛知、山形、広島で伝える、広める

4 県内に根付いた活動

5 創作曲

 

また、素晴らしい目標を立てることができました。

そして、来年度の活動の柱は、2のアカペラ講座を成功させるです。

今年度中の広報活動でだいたい勝負が決まってしまうという不思議な来年度の活動です。

チラシ作成や、配布計画などが着々と進んでます。

 

久々に参加させてもらってありがとうございました。

楽しく歌い踊り、話をすることができました。

 

一緒にアカペラ講座を運営してみたいという方も、今がチャンス。若星Z☆に入ってみませんか?

 

 

やす

2月15日のつれづれ日記

一週間ぶりに、アパートに帰ってきて、一週間寒にさらした洗濯物を取り込む、私の洗濯物は寒ざらし蕎麦かっ?はたまた、2回凍らせるのが特徴の岩出山名産凍み豆腐か?

 

風雪に耐えた衣服は、着る人を美味しくサポートしてくれるのであった。

 

最近は、冬とは思えないぐらい暖かな日があったりして、南極でも20℃を超えたりして、過ごしやすくはあるけど逆に地球のことが危ぶまれたりもします。

 

仙台合唱団からは、これからのスケジュールがびっしりと書いてあるお便りが届きました。練習に全く行けていない身としては、気持ちだけ焦って空回りしてます。

 

練習に参加することや、行事に参加することも大事ですが、その礎を作っているのは何かというと音楽への興味であるような気がします。

 

いろんな音楽に触れて、自分なりの楽しみ方を探すということだけは、どこで何をやっていたとしてもできます。

どんなに猛烈に忙しくても、脳の中では気楽な鼻唄なんかを流してリラックスしてます。

旅先での散歩では、オリジナルソングなど、普段練習では歌わない歌い方、全てメロディーパートでとか。

 

新しい音楽にもアンテナを張っておきたいです。

 

楽譜を見てコードを弾けるようになると、そこにそのコードがある必然性に気付くことがたまにあります。音楽の仕組みが、感情の動き方と関連していることを発見できると興味が尽きません。

いい音楽を創り出せるようになるにはそのような自分なりの納得の積み重ねしかないのだろうという気はします。

 

音楽や歌が好きでも、ピッタリくる団体が見つからないという人が地方によっては、たくさんいるようです。それは、新しい才能が育つことの妨げになるかも知れないので残念ではあります。

 

そういう人たちをいくらかでも救うために、カバーしフォローするために、ということもアカペラ講座の目的に含まれています。そして、今年の5月から、またアカペラ講座を始めます。

自分が好きな音楽と、自分なりの向き合い方で向き合うことができる場所を、きっと自分で作っていける。そんな場所を見いだせたらいいと思いませんか?

 

アカペラ講座第6期への申込みをお待ちしてます。

 

やす

作品に感動 〜あるメンバーからの投稿〜

作品に感動(^○^)


今日はおとなりの大和町まほろばホールまで行って来ました。なんのために。それはゆういっちゃんの絵画作品をいつかひと目見てみたかったからです。今日叶いました!


詳しくは、 第25回大和町まほろばの風景「七ツ森」展でした。

拝見しました。本当に素晴らしかったです。河北新報掲載も見ましたが実際の作品に感動しました。入賞おめでとうございます。自然豊かな風景を筆一本でこれほど生命力溢れるように再現されていて感動でした。

その才能はかげがえのない宝物。これからもずっと(^○^)

ってわげの歌詞にあったような。まさしくその通り(^○^)

17日の17時まで展示会開催のようなので、まだの方々も間に合いますよ。


感動をありがとうございます。次回を楽しみにしてます。


やっさんに協力をもらってこっそりブログにアップを。

嬉しいことは伝えたくなるものですねぇ。


み~や

仙台ロシア合唱団のホームページ係

sendai-roshia-gassyoudan.jimdosite.com

 

今日は寒かった、ロシアも寒いだろうか?きっともっとずっと寒いのだろう。

けど仙台も寒い。ぶるぶる。

仙台ロシア合唱団のホームページの案件は、話が少し進展して、まだ完成とはいかないが、最低限の形にはなってきた。

仙台ロシア合唱団のますますの発展を願いつつ、これからも協力していく予定。

 

今日は、若星Z☆のメンバーであるゆうさんが、日本のうたごえの総会に出て発表するために広島に行っている。うまく発表できて、いい旅をしてくることでしょう。

 

ゆうさんの独自の視点での旅のレポートなんかも、もしかしたらこのブログに載るかも知れません。

 

メンバー一人ひとりの体験が、ワンチーム若星Z☆の総合力になっていくので、様々なことに手を出していくのは素敵です。

ゆういっちゃんは、絵の方で活躍しているようだし。

 

僕も頑張んないとな。

 

やす

P.S.おいしい肉まんについて研究中

旅のオプションB

今週頑張った自分へのご褒美は、体験型のプレゼント。

前回の関東地方への出張の時に思いついて、ずっと温めていた計画を決行した。

聖地巡礼である。

 

何の?

車寅次郎、「男はつらいよ」のである。

 

旅の足取りはこうである。

私の出張帰りのルートで、途中下車できる駅、上野駅で改札から出る。

 

京成電鉄に乗って、成田方面に向かい、高砂で降りる。

金町線に乗り換えて、柴又で降りる。

 f:id:sendaigassyoudan:20200207230653j:plain

f:id:sendaigassyoudan:20200207230736j:plain

聖地柴又に降り立った私は、初めての地であるにもかかわらず、「ただいま」と言いそうになった。駅前には寅さんの銅像、これがまた最高にカッコイイ。

そして、寅さんの目線の先にあるのは妹さくらさんの銅像であった。

 

寅さんが旅に出かけ、そして帰ってくる土地が、こんな風になっていたんだということを感じながら、古い商店街を歩いた。

 f:id:sendaigassyoudan:20200207230834j:plain

真っ直ぐ歩いていたら、帝釈天に着いた。

映画で見てて、なんとなく階段か坂を登った上の方にあるというイメージを持っていたのだが、そこは商店街と同じ高さにある社だった。

こういうことは、実際に来てみないと分からないものだ。

 f:id:sendaigassyoudan:20200207230924j:plain

f:id:sendaigassyoudan:20200207231009j:plain

帝釈天の門前では、寅さんのオープニングテーマが繰り返し鳴っていた。

 

帝釈天の裏手の方に回って歩くと、葛飾柴又寅さん記念館とその併設の山田洋次ミュージアムがあったので、入館した。

f:id:sendaigassyoudan:20200207231050j:plain

寅さんの生きた世界にどっぷりと浸り、山田監督の映画の世界も観て、感情移入した。

 

その後は、江戸川の堤防から矢切の渡しを見て、堤防の上を金町まで歩き、JRで上野駅まで戻った。

 f:id:sendaigassyoudan:20200207231126j:plain

寅さんという存在が今にでも出てきそうな、街を歩き、旅の途中で、孤独に旅を続ける寅さんに思いを馳せて、柴又の風景の中を歩くことができた。

 

このような体験型のプレゼントをくれた、自分自身にありがとうと言いたい。

 

次の、聖地巡礼の資料も入手した。

葛飾区は、言わずと知れた「こち亀」の地である。

それから今回分かったのは、「キャプテン翼」のご当地でもあるのだ。

 

楽しみが増えた。

 

やす

出張の記

今週の出張生活で唯一、いいことは、徒歩での通勤途中に海を見る事ができることです。

10分早く宿を出発すると、太平洋の壮大な景色を見たり、海鳴りを聞いたり、真っ白な灯台を眺めたり、海浜公園から、水平線や太陽を見たりできるのが、嬉しいことです。

昼休みには、早めに社内食堂に行き、海の見える窓辺の席に陣取って、ランチを食べてます。

夜は、だいたい遅い帰りで21:00を過ぎることも多いのですが、北海道と茨城にしかないコンビニ、セイコーマート略称セコマで買って宿の部屋で食べる。

北海道の食品類が豊富に売られていて美味しいものが多いのも、また嬉しいことです。

状況はどうでも、悪いことばかりの人生と思いがちな人もいるかもしれません。

他人なら、不幸だと思ってしまうようなことでも、幸せで溢れていることを発見する力が僕にはある。

このように育ててくれた家族には感謝しなければならない。


今週の若星Z☆は、黒川の青年団合唱部とパプリカの踊りの練習をしたそうだ。自主練頑張ろう。

f:id:sendaigassyoudan:20200206232406j:plain


やす