若星Z☆つれづれ日記

若星Z☆=わげすたーづ、と読みます。 みちのく杜の都・仙台を拠点に活動する、 個性派メンバー揃いの歌って踊れるコーラスグループ。【連絡方法】 下記のメールアドレスまでご一報ください。 練習場所等のご連絡をさせていただきます。 演奏等のご用命もこちらへどうぞ。 アドレス wage-starz@hotmail.co.jp

ポエム部

月曜日おつかれさまの歌

「ワンルームより」 ため息すらも出ないような 日曜日の翌日に 君の抜け殻が 白いシャツにネクタイをして出ていった 退屈でしかない学校や 苦痛でしかない会社に 通うことを続けることに どれだけの意味があるのだろうか いみな いみな いみなーいさ 行って…

令和2年初ポエム部

やぶちゃんからポエム部に投稿があったので掲載します。 以前に投稿してくれたものをバージョンアップしたようです。 「君らしく歩いてみよう」 どこまでも続いてく光がそこにはあってどこまでも走っても追いつけない気がしたんだそんな時、心の荷物をしずか…

ポエム部

「書き込み寺」 これは僕と、僕だけの為のノートだから何でも 「夢」?そんなものすら必要ない場所 明日からそこに立つための踏み台 遠すぎるから近づいてみるか 少しゆっくり呼吸もしてみる 今日・・・ ここに書き足してよ君は君だけのノートに君の何でも …

9月17日の練習報告 & ポエム部

自主練の日でした。 10名の参加。 CD作成用の楽曲を中心に、録音を想定した練習をしました。 ゆうさんから、ポエム部に投稿がありましたので紹介します。 「マイヒーロー」 光る汗がまぶしい どんなときも 一生懸命 君のまなざしが かっこいい チームが…

ポエム部

皆さんのポエム、いつでも募集してます。 また、書き貯めてるものがあって、このブログで発表してみたい、とか、フレーズを思いついたけど、形がモヤモヤしてるので、前進させるために発表してみたい、とかありましたら、お寄せください。 「ある造形作家の…

誕生日の新しいあり方についての提案

例えば、こんな誕生日があってもいいのではないか。 ハッピーバースデー トゥーミー からの ハッピーバースデー トゥーユー という流れ。 (少し斬新でしょうか?) それを詩にしてみました。 「新誕生ソング」 Happy Birthday to Me Happy Birthday to Me H…

ポエム部 3月6日

東日本大震災から8年、今、宮城県から発信したい(と私が思ってる)こと 「歩いているよ」 いるはずの人がいない それってどんなことなのだろう 何が変わるのだろう 何が変わらないのだろう 本当ならここにいるはずの人が、 いないことが受け入れられない う…

ポエム部 3月2日

3月2日土曜日の今日は、仙台市泉区のタピオに入ってる和食レストランでポエム部兼創作会議2回目をしました。 ゆうさんから、ポエム部への投稿がありましたので紹介します。 「未来へ」 ゆう 1. 心ない言葉に傷ついて 涙したあの日 どんなにつらくても 毎日…

ポエム部 2月25日

「月刊わげstyle」より投稿がありました。 「壁新聞のワルツ」 風に吹かれて 転がるレジ袋 雑踏の足音 むなし ひとしれず 気付かれず 貼られてる 壁新聞 読まれたいとも思わないが いまさらの達観に もはや?達してるが 誰もいない 闇の中では 踊るのさ そう…

創作会議 その1

今日は、天気も良く2月としては暖かい日でした。 思わずスピッツの「春の歌」を口ずさんでしまったほどです。 メンバーから集まった9編の詩を元にどういう風に歌創りをしていくかを話し合いました。 あるビル内のフリースペースを利用して、4人で。 歌を選ぶ…

今週の若星Z☆

こんにちは、今週は毎日22時ころまで仕事してたやすです。 帰ったら、ご飯食べて寝るだけという。 このように仕事がしんどい時は、魔法を使ってしまいます。 「ちちんぷいぷい、このシンドイ・ローパーなおれの仕事、かるくなあれ」 という呪文。 それにより…

ポエム部 連日の投稿

昨日のやぶちゃんに続き、今日はちーちゃんからポエム部に投稿がありました。 おじいちゃんへの手紙 (詞:ちい) あたしが見たことあるあなたは 上だけ縁付きメガネの おじさん リンゴの隣のフレームの中 佇む モノクロの笑顔 生まれたてのあたしを抱いてほし…

ポエム部に投稿ありました

先ほど、三流作家と名乗る男(やぶちゃん)からポエム部に投稿がありました。 「恥ずかしいので、絶対にブログにだけは載せないでもらいたい」とのことなので載せます。 テーマは、「光の道の先まで仲間とともに歌いたい」。 「光の道のように」 (やぶちゃ…

天体観測部、元旦の報告

天体観測部 1月1日 外気温1℃、体感温度はもっと寒い。 こんな過酷な状況の中、朝5:30に集合って、、、微妙でしょう? なぜか6人集まりました。 美しいものを観て素直に感動できる心を大事にしたい人たちなのかなと勝手に解釈しておきます。 初日の出を観て、…

ポエム部に投稿ありました。

愛と情熱の詩人、ゆみりんよりポエム部に一編の詩が届きました。 (以下) 「南の空のあなたへ」 あなたからの初めての電話 「明日発ちます…」 二人言葉が出てこない (行かないで!) (行きたくない!) (生きて!) (生きたい!) 口にしてはいけない言…

作曲部エントリー

下手な作曲を下手な歌でお送りします。 やぶちゃんの詩に曲を付けてみました。 *これから曲を作ろうとしてる人はご注意ください。 楽しみが半減してしまいかねないので。(やす) 「君らしく歩いてみよう」 作曲やすバージョン 作詞やぶちゃん どこまでも続…

ポエム部に投稿ありました

若星Zが誇るリリックメーカー、Mr.やぶちゃんより素敵な詩が届きました。(やす) 「君らしく歩いてみよう」 作曲? 作詞やぶちゃん どこまでも続いてく 光がそこにはあって どこまでも走っても 追いつけない気がしたんだ そんなとき心の荷物を しずかにおろ…

夢との向き合い方

誰かに、自分の夢を否定されそうになった時の対策。 例「~で食べていけるのは、ほんの一握りの人だけだよ、やめたら?」 「いや、~を食べて生きていくよ」 どうでしょう? これで、大好きなことで悩むことが減るのではないでしょうか? ドリームキラーと必…

万有引力の法則

「万有引力とは引き合う孤独の力である」 (谷川俊太郎「二十億光年の孤独」)より こういう言葉を支持します。文系だからかもしれないですが。 寂しい人、来たれ by 若星Z☆ なんちゃって やす

ポエム部 やぶちゃんの投稿

やぶちゃんから、ポエム部に投稿がありました。 以下 --------- 『もう一度~2018ver』 1 君と見ていた空が 今も忘れられない 時が止まった世界 つなぐため今歌うよ 何気ない事がいつの日か かけがえのないものに 変わってく まだ見ぬ光を探しに行くんだ 幸…

歌詞案エントリーその2

メンバーには、そろそろ歌詞が浮かんできた人もいるのではないでしょうか。 今回は、沼ちゃんの2曲目の方に歌詞をつけてみました。設定としては、「離れて暮らす社会人の子供と、親」。 「花と歌」(仮題) 大切な人よ いつもありがとう 光降り注ぐ 窓辺に添…

歌詞案エントリー その1

注意、今考え中の方や、これから取り掛かろうと思ってる方は、自分のが出来てからの閲覧をお勧めします。 影響を与えてしまうかもしれないので。 沼ちゃんの一曲目の方に付けてみた歌詞が以下のとおりです。 「ひとつの歌」 ひとつの歌 だけを携えて 地平線…

春分の日

今日3月21日、ある小学校の閉校式がありました。100年ほど続いていた歴史に幕を閉じました。 私もその卒業生の1人。人づてに聞いてはいましたが・・・。これで、思い出の小学校と中学校(以前に閉校していた)がなくなりました。 田舎ながら、よく今まで続い…

ポエム部(2月2日)

「Ringer 永遠(とわ)」 Ringer 永遠(とわ) Ringer 永遠(とわ) Ringer 永遠(とわ) Ringer 永遠(とわ)無理だって?そんなことないよ 君にもできるよ 感謝の連鎖 show感謝 いつだって ありがとうって 言えばいい 笑っていればいい 簡単 easy go 最初…

今年の初ポエム部

今週の練習の時、メンバーのちーちゃんからポエム部にエントリーがありました。 (以下) 「ずーと まっすぐ(Ver.2)」 作詞 ちい この道を ずーとまっすぐいくと どこいくの? 家の前 ランドセルの集団を 追いかけながら 4才の私 学校 1年生になったら君も…

たかが紙ぺら、されどアカペラ。ポエム部

「主役はあなた」 もっと強く 信じてもいいのではないか やさしさというものを さびしさというものを 心にぽっかりと 空いた穴を どうすることもできないとき ほんとうに君と会えたんだ もう迷いなく やさしさがつなぐ未来を つかめるよ その手が語っていた …

ポエム部

「WIND」 あの頃 僕たちに吹いていた風を 忘れられなくて 走っているよ 未完成な地図のまま 本当に馬鹿げているけど 誰かの悲しみに寄り添うこと さびしさと共にあること 同じ目をして話すこと 立ちはだかる壁の前に立つこと こんなにも勇気をくれるとは 風…

詩のコーナー

くつがえせないよ あったことだよ 過去は 今はそんなにヒマではないよ あれも、これも、それも、どれもって ものが見えてるのでかえって ものが見えてる気になって もてるものなんてせいぜい一つなのに くつがえせないよ 今だって 今の次の未来だって 今度は…

変え歌のススメ

私が好きなタンゴの名曲「POR UNA CAVESA」に日本語の歌詞を付けてみました。いつか、みんなで歌いながら、ダンスパーティーなんかをできたらいいなあ。 ほら、これが壁さ 君が引っ込めた手 飲み込んだ言葉 偉い人、価値がある物とされる物に 逆らわない基本…

ポエムぅ部

最近思いついた詩は、ある報道から着想を得ました。へたっぴですが、お読みください。 「東北でよかった」 僕が生まれ育った地が 東北でよかった この星に生まれたという 事実と同じくらいに 僕にとっては重要なことだ 自然が容赦しないから 自然が最大の恩…